webマーケテイング

3. コンテンツファーストでデザインを考えよう

更新日:

コンテンツファースト・スマートフォンファースト

誰がどんな環境で

サイトとを閲覧するか⁉

見てもらいたいのかを(イメージ)

考えていきましょう。

シニア層の方が多く見てもらえる

サイトならば

文字を大きくメニューボタン等も

解りやすくするのが必然ですね♪

参照元リンク

デザインもシンプルに

使いやすさ、優先にする工夫が必要ですね。

きっとこれは、基本的な

お・も・い・や・り』な心だと考えると

 

 

難しくはないのかもしれませんね。

また、閲覧環境もスマートフォン主体の時代の裏付けから

PCに比べ画像サイズは小さくなります。

そのため、コンテンツをいかに見やすく解りやすくするかが重要になってきます。

PCでいくら、コンテンツとは別の外側のデザイン・演出にて、華やかに飾ったところで、スマートフォンでは効果が期待できません。

重複しますが、大事になってくるのは!

コンテンツをいかに見やすく・わかりやすく演出するかが重要です

そもそも、ユーザーは『外側のデザイン』をみたいのではなく!

『コンテンツ』をみたい、これが目的です。

ヘッダーやメニューエリアをどれだけオシャンティーに演出したところで

肝心要のコンテンツ内容が!

みやすく・解りやすく・読みやすい

でなければ意味がなくなってしまいます。

政宗
美人は3日で飽きる!

外側ばかり気にしても・・・

然り

目的の用途にもよるで候

コンテンツは文章と画像のコラボで相乗効果UP

手始めに文章だけでコンテンツを構成してみましょう。

メリット

文章のみでコンテンツを考えると、論理構造がシッカリと構築作成できますよ!

読み手のユーザーに対し、説得力があがります。

デメリット

文章は直観的(視覚的)な表現が不得意です。

改善

その為に、写真やイラスト等の素材を併用し、相手の直観に働きかけます。

形態 メリット
文章(言葉) 論理的に理解しやすい
写真 直観的(視覚的)に理解しやすい
図・イラスト 論理的かつ直観的(視覚的)に理解しやすい

文章を読みやすくするチェックポイント

▷ 文字の大きさ、文字の色は適切でしょうか?

▷ 文字の行間は適切でしょうか?

▷ 文章の強調(太字・色)は必要ありませんか?

▷ 文章の表現は解りやすいでしょうか?

写真を見やすくするためのチェックポイント

▷ 写真のサイズは適正でしょうか?

▷ 写真の明るさ・コントラストは適切でしょうか?

▷ 写真の構図は解りやすいでしょうか?

政宗
どうでしょうか?

次は、そもそも

そもそも論について

考えるで候

ミサイル対策

-webマーケテイング

Copyright© web-Wacky Pedia , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.